シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

プログラムの目的


プログラムの目的


よく学び、よく遊び、よく食べ、いい友だちと、いい思い出を作る旅


シンガポール語学ツアーには5つのテーマがあります。


①「英語」 ②「歴史」 ③「異文化体験」 ④「教育」 ⑤「友達作り」


英語】 ツアーの目的は、ずばりシンガポールの語学塾で英語を学ぶことです。  
この学校の学習効果は、一般の語学学校の比ではありません。                 
授業は9時から16時。そんなの大変そうって心配する人もいるでしょう。
でも小学2年生の子どもたちだって、楽しそうに受けているから大丈夫。
英語のシャワーを浴びながら、たくさん英文を書きましょう。効果が違います。 

語彙の授業の様子はこちらです。
日本人に必要なLとRの発音矯正の授業の様子はこちら (授業の様子の動画)


                      

授業はとことん書かせます。先生がひとりひとりの間違いをチェックします。

歴史】 シンガポールでアジアの現代史を学びます。                                         
これからアジアで活躍する学生は知っておくべき知識です。
学生に学んでもらいたい理由はこちら
国立博物館の様子はこちら 




【文化互いの文化を尊重し合いながら共存する多民族文化から学びます。
学生に学んでもらいたい理由はこちら                               
アジア文明博物館に行った時の様子はこちら
リトルインディアを訪ねた時の様子はこちら 
イスラム寺院を訪ねた時の様子はこちら 
シンガポールでは、様々な国の料理が楽しめます。






【教育 シンガポールの進んだ教育を見る

国土も資源もないシンガポールの発展を支えるのは国家予算24%が注がれる教育。
現地の高校と協力して、シンガポールの高校生が何をどのくらい勉強をしているのか知り、
アジアの一員としての自覚を高める。 地元の学生と交流し、できるだけ多くの英語を話す。
ボランティア学生さんたちが学んでいることを見せてもらってください。あまりの高度さに驚きますよ。  







                      


















【友達作り】 よく学び よく遊べ! 観光立国シンガポールには観光やレジャーがたくさん 
遊園地も平日に行けば空いています。 
プールやビーチや遊園地で遊べばいいお友達と思い出ができるはず。 
Wild Wild Wet セントーサ島 ユニバーサルスタジオ 水族館 マリーナベイサンズ 
2016年の夏からナンヤンポリテクニックの学生さんが家庭教師、お話し相手として参加してくれます。積極的に話すようにしましょう。





 
宿泊先 シンガポール人家庭に2泊ホームスティし、のこりはプール付きのリゾート施設に宿泊します。

 プログラム企画者からのメッセージ

3年間シンガポール生活で一番心を砕いたのが、インター校に入学した当時中学生だった子ども達の英語力の強化でした。中学生以上になると英語ができないと学校生活が成り立たないからです。
そこで見つけたのが、シンガポールの公立校への入学を目指すアジアの学生を対象にした語学学校でした。ここでは、アジア各地(タイ、ベトナム、中国、モンゴル、インド、韓国など)からの小中学生が毎年10月の行われる公立校の入学試験に向けて、週に5日、朝9時から16時まで必死で英語を勉強しています。シンガポールの小学校高学年入学に求められる英語は準1級から1級レベルなので、入試準備コースでは先生も生徒も一生懸命です。テキストも非常にうまく作られていて、外国人が効率よく英語が習得できるようになっています。アジアの周辺国からの留学生を対象にしているため非常に安価です。何校か問い合わせたところ、どこでも日本人は初めてだと驚かれました。
こうした学校のおかげで子ども達の語学力は飛躍的に伸びました。そして日本に帰ったら、是非、こういう学校があることを紹介したいと思いました。

私は春からアメリカに住んでいます。ここでの留学企画も考えたのですが、アメリカは遠く、時差もあり、航空運賃も高く、参加者に負担が大きいのも問題です。

シンガポール滞在中、修学旅行生を見かけるたびに、マーライオンやオーチャードをただ観光するのではなく、もっと深く学べるような機会にできるはずなのにと思いました。 今回のツアーでは、私たちが3年の在星中に学び感動したディープなシンガポールを凝縮しました。定員がありますので、お申し込みはお早めに。

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)