シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

ツアーの目的 その3 アジアの現代史を学ぶ

若者をシンガポールに連れて行きたい理由は英語や異文化理解だけではありません。

日本ではなかなか学ぶことのできない、アジアの現代史を学んでもらいたいからです。


皆さんは、第二次世界大戦中、3年余り、シンガポールが日本に占領されていたことをご存知ですか?

恥ずかしいことに、私はシンガポールに来るまで知りませんでした。


シンガポールに到着した翌日、友人がシンガポール国立博物館に連れて行ってくれました。

ここで私は、実に多くのことを学びました。

マレー作戦シンガポールの戦い華僑粛清、強制献金などなど 


苦しい戦いを知恵と根性で勝ち進んだ日本兵の快進撃には驚きと誇りと感謝と哀れさを覚え、

シンガポールをはじめ日本が侵略した国の方には申し訳ない思いでいっぱいになりました。


シンガポールにいる間、私は、シンガポール人の年配の方の何人かに、

「戦争中はご迷惑をかけましたね。ごめんなさい」と謝りました。

皆さん、誰一人として恨み言を言いませんでした。

みな、「あの時代は仕方がなかったんだよ。戦争は人を狂わせる。

戦後の日本はシンガポールのお手本だったし、シンガポールを発展させてくれた」

と言ってくれたのです。 シンガポールの歴史教育のおかげです。

中国や韓国とは異なり、シンガポールでは、対戦国を恨む教育をしていません。

日本がアメリカ人を戦争のことで恨まないのと同じです。

でも、思うのです。

もしも、アメリカ人が

「ゲンバク? なにそれ? 習っていないもん。 知らない。 作り話じゃない?」

なんて言ったら、私たちはどれだけ傷つくでしょう。腹を立てるでしょう。 

だから、私たちは、事実を知らなければいけないのです。 

子どもたちに伝えなければいけないのです。 それが大人の務めなのです。

歴史の教科書に書いてない。学校で教えない、といって素通りしてはもったいない。

歴史を学ぶことで、私や子どもたちはどれだけ多くのものを得たことでしょう。

アジアのために、日本のために、社会に貢献していかなくてはいけない、と思うようになりました。

生きていく力を与えてもらったと言っても過言ではありません。

それをツアーに参加する学生には伝えたいと思っています。














このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)