シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

9日目 学校最終日 午後はオーチャード

8月8日(火)

午前中は、終了試験とShow & Tell (大切なものを見せながらスピーチ)
私はスマホが働き過ぎでダウンし、修理に出したり、午後からのボランティアとの連絡が忙しく、気がついたら、スピーチが終わってしまっていました(涙) とっても見たかったのに。
今日まで、本当に生徒たちは頑張りました。
授業も宿題も大変だったと思います。毎日のように悲鳴がこだましていました。
でも、みんなと一緒だから頑張れたんだと思います。

卒業証書を先生から渡されて、午後はオーチャードで自由行動です。
男子全員とふたりの女の子はレーザータグという赤外線銃を使った銃撃ゲーム
女子は映画とショッピング。
どちらもとてもエンジョイしたようです。
それができるのもナンヤンのボランティアたちのおかげです。
今日も14人の生徒が申し込んでくれました。
私は、銃撃チームにいたのですが、そとからCCTV(監視カメラ)で見ていてもドキドキしたので、戦場で戦っていたみんなはもっと興奮したと思います。
セントーサのレイザータグは数分で狭いのに対し、こちらは10分の戦いが3試合できて、説明などを加えて1時間以上楽しむことができました。
保護者の方は、シェアした映像をお楽しみください。
その後、サマセットで1時間半の自由時間。

女子も映画「銀魂」を楽しんだ後、ショッピング。
こちらも本当に楽しめたようで、大満足そうでした。
それぞれ小さなグループに分かれてナンヤンの生徒をつけたので、自分の買いたいものの店に連れて行ってもらえたようです。

私一人では、このようなオーダーメイドの時間は作ってあげられません。
すべて、多くのボランティアのおかげです。
しかも今は試験中! 何人かの生徒は試験が終わってから駆けつけてくれました。

明日は、ナショナルデー。ホームスティ先とお別れです。
なんと21人(定員枠いっぱい)の生徒が、シンガポールの原宿といわれるブギスを案内してくれます。そして、コスタサンズリゾートでバーベキュー!
これから3日間は、ナンヤンの生徒たちと思いっきり遊びますよ!!!!!






このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)