シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

締め切り間近 あと2名(女子希望)


1月7日にパリの新聞社シャルリー・エブドが襲撃されて以来、ほぼ毎日テレビ局で仕事をしています。夕方6時まで日本テレビ、その後12時までフジテレビ、朝3時までTBSなんて日もありましたが、大抵は1局で仕事をしています。
最近はもっぱらのテロ問題を調査して訳しています。
英語もフランス語も理解できるということで声がかかるようによくなってきました。
フリーランスとしては嬉しい限りです。

急激な円安でもシンガポール留学は質を落とさず実施します。(インテンシブな授業が42時間、プールとテニスコートが付いたのコンドミニアムでホームスティ、ユニバーサルスタジオやセントーサ島フリーパス付き。)
お金はテレビ局の仕事で稼いでいるので問題ありません。私は皆さんの合格通知があれば幸せです。 春に参加した生徒が早稲田に合格したという連絡をもらい嬉しいです。受験生となった生徒からも、国際関係の学部を目指しているという報告をもらいました。みんながんばれっ! 明日は英検っ。

テレビの仕事をするまでは、インターネットを見る時間の方が多かったのですが、最近はテレビを見ることの方が多くなりました。
テレビの番組がどれだけ一生懸命作られているかがわかったからです。
たった、数分の映像を作るために、報道の現場ではとことん調べ(私の仕事です)、インタビューをとり、訳し(私の仕事です)、編集して、字幕や吹き替えを入れます。
何人もの人たちが役割分担をして、数十秒のクリップを作り、それを合わせます。
深夜番組に比べて、報道番組がキビキビした印象を受けるのは、数秒に多くの記者が心血を注いでいるからです。

1月ももう終わり、シンガポールの留学の募集を締め切らなければいけません。
今ですと、私が半年前に予約したシンガポール行き全日空の直行便が78000円ですが、1月末には返さなければいけないからです。この値段ではもうチケットは取れません。
あと、2人分航空券があります。できれば女の子がいいです。

関心のある方はこちらまで

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)