シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

映像翻訳という仕事

私は、夏休みと春休みに学生をシンガポールに連れて行く仕事をしていますが、本業は映像翻訳です。

フランス留学後、通訳の仕事をしていました。

この仕事は、育児と両立が大変難しく、また能力も足りなかったので断念。

子どもが小さい時は翻訳をしていました。

(ナショナル・ジオグラフィックの翻訳グループにいたことも!)

1995年、Windows95が発売された頃から、紙媒体の翻訳は早々に機械に置き換わると察知し、映像翻訳に転向

以来、沢山のテレビ番組に翻訳をさせていただきました。

テレビ番組とは実に丁寧に作られていて、1時間の番組ですとその何十倍もの映像が素材として撮影されます。

私はそのインタビューを訳すのです。何時間分訳しても、使われるのは数分とか数秒です。

一番最近、翻訳をさせていただいたのが、こちらの番組

NHK ドキュメンタリーWAVE

激増する不法入国の子供たち
 ~揺れ動く米国移民政策の陰で~

  放送:10月11日(土)22:00~22:49
 再放送:10月15日(水)17:00~17:49

オバマ大統領の高尚な英語をじっくり学べる素敵な仕事ですが、実際には時間がなくて、

映像を見ながら、ブラインドタッチで翻訳を入力します。よく職人技だと言われます。

(私は話すスピードでタイピングができます)

TOEICでリスニングが満点だったのはこの仕事のおかげだと思っています。

語学がある程度できるようになると、学ばなくても、仕事をしながらどんどん英語の力を伸ばすことができます。

何度聞いても聞き取れない時、それは、その単語を知らない時です。

ですから、語彙力はほんとうに必要です。

それでも聞き取れない時、それは、やはり耳でしょう。

私達は、夕食の時などに、家族でTEDトークを見るのが好きなのですが、

悲しいことですが、私には聞き取れなくて、息子たちに聴き取れることが最近よくあります。

モスキート音が聞き取れなくなるように、早いスピーチが聞き取れなくなりそうで怖いです。

日々の訓練をしなくては、と思っています。


このブログを検索

ブログ アーカイブ

メールでフォロー (更新をお伝えします)