シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

改革5.学校における指導体制の充実


文科省の「グローバル化に対応した英語教育改革の5つの提言

改革5.学校における指導体制の充実

生徒が会話、発表、討論等で実際に英語を活用する観点から中・高等学校におけるALTの活用を促進。

ALT(ネイティブスピーカーの指導教員助手)は、もっと活用すべきです。

とくに、会話、発表、討論などでは、「助手」なんかではなく、教師にも教えてもらいたい。

私が引率するシンガポール短期留学でも、生徒たちは発表や作文の時間が好きです。

でも、いきなり、話せ、書けと言われても、できるわけがありません。

段階を追って豊かな表現力をつける教材の導入が教師やALTの負担を軽減し、教育効果をあげます。


文科省の5つの提言 素晴らしい提言です。

ですから、それが実行に映せるように生徒、親、先生が、タッグを組んで協力し合いましょう。



このブログを検索

ブログ アーカイブ

メールでフォロー (更新をお伝えします)