シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

火曜日 国立博物館見学 感謝の気持を伝える

火曜日も終日授業です。
放課後は、歴史の勉強です。国立博物館へ行きました。












ガイドは、私の友人ですが、とても上手に話をしてくれたので、みんな真剣に聞いてくれました。

私は国立博物館の日本語ガイドツアーに6回ほど行っているのですが、どのガイドさんもしっかり勉強をされていて、毎回学ぶことがあります。(シンガポールに行く機会がありましたら博物館の日本語ボランティアガイドツアーをおすすめしたいです。)

一つの展示から次の展示に移動するまでに普通のガイドさんでしたら、「それでは次に行きましょう」となるのですが、私の友人は違いました。 生徒に質問を投げかけるのです。
「すると次はどういうことになるのでしょう?」と言った感じに。

戦争の時のことも実にスマートに話してくれました。

あまりの上手なガイドに、日本語オーディオを借りて聞いていた日本人の旅行者が私達のグループに入ってきたくらいです。

生徒たちが真剣に聞いてくれて良かったです。

ただ、終わった後に、誰もお礼を言わなかったので、私がお説教しました。

夜はマリーナベイサンズに行きました。




ちょっとウィンドーショッピングをして、夕食を食べて外にでると、同じ場所が素晴らしい夜景に。







音と光のショーは素晴らしかったです。みんな感動してくれました。

若者の音や演出に対する鋭い感性を再認識しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メールでフォロー (更新をお伝えします)