シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

第2週目 授業、授業、授業


クラス別の授業が始まりました。 9時から16時まで英語漬けです。

英検2級から準1級レベル、英検準2級から2級レベル、英検3級レベルにわかれて、午前中は、語彙とライティングを中心に、

午後は合同で、スピーチとドラマとプレゼンテーションの授業をしてもらいました。

どれも日本では学びにくい授業です。1週間では短すぎますがそれは仕方がありません。

日本では一日に1時間、日本語で英語を学んでいることを考えると何ヶ月分かの効果はあります。

ところで、先生方が前回の生徒よりも今回の生徒は英語の発言ができる、と褒めてくださいました。

それを聞いて私はとても嬉しかったです。

前回のツアーで引率した生徒たちは英語の成績は悪くなかったのに、話すことに慣れていなくて、大きく苦しみました。その時の様子はこちら

ですから、その時の反省を活かして、今回は申し込んでくださった生徒に、オンラインのマンツーマン英会話を毎日するように事前指導しました

多くの参加者が受講してくれて、その効果は私の目にも明らかでした。

内気な生徒でもきちんと反応して受け答えをしているのです。

それでも、ほとんどの生徒は、まだ言いたいことが十分に言えない。ホストファミリーや先生の言っていることがわからない、とつらい思いをしています。

それでいいのです。1週間で英語力を格段に上げるなんて無理です。

ツアー前に準備したり、自分の足りなさに気がついてツアー後努力することが大切なのです。

行きに「私は英語が話せないけど、ジェスチャーで意思疎通する自信があります」と言っていた生徒がいました。

でも、そんなにも甘くはありませんでした。

中高生ともなると話の内容は高度かつ、抽象的なものになります。

授業の内容、ホストファミリーの話がわからないと訴えてきました。

英語を学ぶ必要性に気がついてもらうことができました。

海外から日本に来た旅行者が、「若い人に道を聞けば英語が通じると思ったのに通じない」

と言うのを聞くと、私は悲しくなります。オリンピックまであと7年を切っています。

オンラインの英会話。映像教材、映像の字幕キャプション、

私の時代にはなかったものばかりです。

今の時代の若者が英語ができないとしたら、それは怠慢ではないでしょうか。

私は高校生のうちに英検準1級を目指してほしいと思っています。少なくとも2級は欲しい

少子化によって大学入試が簡単になっても、10代までに語学を学んでほしい。

歳を取ると覚えにくくなりますから。



0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)