シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

出発前 オリエンテーション

2014年春ツアー 出発1週間前になりました。

2013年夏ツアーと違うことは、「毎日エデュケーション」という留学専門の会社とできたこと。

いやあ。実にありがたい。 航空券の手配、保険、すべての手配やってくださいます。

先週の日曜日、竹橋駅直通の毎日エデュケーション本社で、オリエンテーションを開きました。

時間をかけて自己紹介をしました。

(趣味、好きな食べ物、好きなスポーツ、好きな教科、シンガポールで行きたいところなどなど)

これは、参加者や保護者の方にどんな人が一緒にいくのか知ってもらうため、だけではなく、

シンガポールで必ず聞かれる質問なので英語で言えるようにする準備です。

また、人前ではっきりと話す、ということは、グローバル人材になるための第一歩です。

次にグループを作って、好きなピザを話し合って実際にオーダー

説明会が終わる頃には熱々のピザが届き、子供だけ残って懇親会。

みんなすぐに打ち解けてくれて安心しました。迷子防止です。


その後で、事前英語研修。時間がなくってちょっとしか出来ませんでしたが、

自己紹介を英語にして文法チェック。

シンガポールで使うであろう英語フレーズ56の練習。

最初にかならず使うのは、空港の両替所

「日本円をシンガポールドルに替えたいんですけど」 は

Can I change Japanese Yen to Singapore dollar?

この「Can`I?」 多分一番よく使うんじゃないかしら。 

こんな表現を56、リストアップし、ネイティブによる音声ファイルと共に渡しました。

毎日何回も聞いてくださいね。

準1級準備クラスの4人は、すべて日本語から英語にできるように。

2級準備クラスの人は、使いそうな表現を20以上 覚えること

それ以下の生徒は、音声ファイルのようなリズムで、読めるようになること。

空港でチェックしますからね。






0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)