シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

1日目 市内観光 Wild Wild Wet ホームスティ

シンガポールに到着しました。

今回は全日空 直行便です。 羽田空港の搭乗待合室でみんなすぐに打ち解けあって大盛り上がり。

空港で、英語の会話のチェックをしたのですが、練習をしてきた子はスラスラといえるようになってきて嬉しかったです。

登場してみると、席がバラバラにってしまっていることが分かりました。

でも、空港での舞い上がり方から予想するに、もしも席が固まっていたら、寝なかったと思うのでよしとします。

Boeing787はあまりリクライニングしなかったのでみんな寝苦しかったかもしれません。

シンガポール空港について、入国審査を済ませ、荷物を引取り、両替をしました。

両替商の女性には「彼らは英語の勉強に来ている。英語できちんと両替を頼むので聞いてやってほしい、と依頼しました。

空港から出ると、暑くて湿度が高く、トロピカルな感じ。みんな盛り上がります。

みんながあまりにいい表情をしているので、ビデオに撮りながら私も一緒に歩きました。

そして、ふと気がついたのです。「なぜ、私はこんなことができるのだ?」

そうです。スーツケースが2つある私がビデオが撮れるわけないのです。

私のスーツケースはターンテーブルのそばに残されていました。大失敗。



空港からマリーナ地区に行くまでの間、ガイドさんは英語で解説。

半分くらいの子たちが理解できていなかったので私が通訳しました。

マーライオン公園




ガーデンバイザベイ




今日はもう遅く、明日もあるので、とりあえずこの写真だけで失礼します。

お昼をフードコートで食べて、Wild Wild Wetに行き、ホストファミリーたちに引き取られていきました。

ビデオも写真もたくさんあるのですが、もう遅いので、おやすみなさい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)