シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

英検準1級でセンター試験が満点扱いに

新年あけましておめでとうございます。

皆様、お正月はどのように過ごされましたか?

私は友人家族総勢19名で、スキーゲレンデ内の貸別荘を一棟借り、スキー三昧でした。

企画はもちろん私。普通の半分の値段で、何倍も楽しいスキーになりました。

旅行を企画するのが好きなのだなぁと思った次第。



さて、新年早々、嬉しい知らせが入りました。

まずは、春休みツアーに、お申し込みが入り始めています。 嬉しい!

次に、このニュース

英検の準1級をとっておくと、センター試験の英語は満点扱いになることが検討されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000058-san-soci

センター試験英語満点扱い TOEIC780点や英検準1級以上で特例

産経新聞 2013年12月31日(火)7時55分配信
 平成30年度以降に予定されている大学入試改革について、TOEICや英検などの英語資格試験を大学入試センター試験に活用する特例措置を、予定より前倒しして導入する方向で文部科学省が検討していることが30日、同省関係者への取材で分かった。高校在学中にTOEICなどで高得点をとれば、センター試験の英語の得点を満点とする方針であることも判明。年明け後の中央教育審議会で議論される見通しだ。
 ■大学入試改革、前倒し 資格試験活用 文科省検討
 関係者によると、特例措置の導入は、一発入試型のセンター試験ではなく、何度でもチャレンジできる資格試験を活用することで、生徒の日常的な学習意欲を高める狙いがある。
 具体的には、英語教育で国内外から評価の高い国際教養大学(秋田市)が実施している取り組みを参考に、例えば高校在学中にTOEFL(iBT)71点以上、同(PBT)530点以上、TOEIC780点以上、英検準1級以上の得点や資格を取得すれば、センター試験の英語科目を満点と換算する案が浮上している。ただし「点数や導入時期などは中教審で議論される」(関係者)という。
 センター試験をめぐっては、政府の教育再生実行会議が10月31日、複数回受験できる「達成度テスト・発展レベル」に衣替えすることを提言。30年度以降の導入を目指し、現在、中教審高大接続特別部会で具体的な試験のあり方について議論が行われている。
 しかし、東京五輪開催を見据え、国際的な人材育成にいち早く取り組む観点から、文科省では英語の試験に限り、先行して改革を進めることにしたもようだ。
 センター試験の英語の出題形式は現在、読解とリスニングに限られており、作文や会話の技能も測る資格試験を活用すれば「読む」「書く」「聴く」「話す」の4技能を評価できるメリットがある。教育再生実行会議の提言でも、「達成度テスト・発展レベル」について「外国語、職業分野などの外部検定試験の活用を検討する」と求めていた。
(引用終わり)

この小さな入試改革の効果は甚大です。

1) これまで大学入試に照準を合わせて勉強していた高校生が、早い時期からコツコツと良問で英語の勉強ができるようになる。

2) これまでの入試では測れなかった、「英作文」「スピーキング力」が測れるようになるため、英語を中高6年間学んでいても、道案内すらできない、という状況を打破できる。、

3) あらかじめ英検やTOEFLをとっておけば、センター試験の受験科目を1つ減らすことができるため受験生の負担を減らすことができる。

シンガポールの語学学校では、英作文、リスニング、読解力、語彙力を高めることができるため、英検対策に大きな効果があります。

この学校に直接申し込めるのは、最低1ヶ月の受講からですが、ツアーに参加すれば特別に1-2週間の授業が受けられます。

この春休みにまずこの学校を体験して、夏休みに自分で1ヶ月留学するのが効果的だと思います。

定員がありますのでお申し込みはお早めに。 ご案内はこちらこちら

詳しい情報は、プログラムの詳細 をお読み下さい。







このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)