シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

時代が求める人材を育てる教育とは

今日、NHKで、日本新生「ニッポンの若者はどこへ? 大人の心配×若者の本音」

という番組を見ました。

恋愛も、結婚も、チャレンジもしない若者(悟り世代というそうです)の言い分を聞きました。

若者は就職がないと嘆き、企業は雇いたい人材がいないと嘆く。

このギャップの原因はなんでしょう?

それは、日本の家庭や学校や社会が、時代が必要とする人を育てていないからです。

学生も努力不足ですが、大学全入時代、努力するのは難しいですよね。

中高時代の努力は、AO入試などを除けば、ペーパーでしか判断されません。

海外では、教育の内容が一世代前と全く違います。

当たり前です。情報化社会がこれほどまでに世の中を変えたのですから。

スマホでなんでも検索できる時代、パソコンが処理してくれる時代に、必要な能力は何でしょう?

それは、与えられた答えのある問題を解く能力ではなく(そんなのコンピューターのほうが速い)、

答えのない問題を解決する、または、問題自体を見つけ、協力しながら解決する能力です。

息子たちが通ったシンガポールの学校はIB(国際バカロレア)教育が行われていました。

今の社会に必要な能力として、以下の10の資質を育む全人教育がなされていました。



探求する人(Inquirers)
知識のある人(Knowledgeable)
考える人(Thinkers)
コミュニケーションできる人(Communicators)
信念を持つ人(Principled)
心を開く人(Open-minded)
思いやりのある人(Caring)
挑戦する人(Risk-takers)
バランスの取れた人(Balanced)
振り返りのできる人(Reflective)

例えば、リサーチし、自分の考えを含めたレポートの提出が頻繁に出ます。

ボランティア活動は義務です。6科目のうち、2科目は母国語と外国語で必須です。

このような教育方針のもとでは、子どもたちはのびのびと成長します。

私の子どもたちは、Risk-takers(挑戦する人、リスクを取る人)いつも励まされました。

勇気を出して挑戦した試みが高く評価されます。失敗しても褒められます。

日本の家庭も、社会も、若者のチャレンジ精神を育てましょう

「危ない」「怪我のないように」とばかり言うのではなく、

「大丈夫」「やってみよう」って励ましましょう。


私のツアーでも、子どもたちにいろいろな挑戦をさせます。

空港では引率しません。私は後からついていきます。自分で考える、これが大切。

公共交通機関に乗り、日替わりでリーダーを決めて目的地まで連れて行ってもらいました。

(安全なシンガポールだからこそ可能なのです)

あとは、市場で買い物をしたり切符を買ったり、 絶叫アトラクションに挑戦したり 

私の仕事は、方法を教えて、「大丈夫」と微笑みながら励まして、挑戦したことを褒めるだけ。

小さな成功体験が、子どもたちの自信になります。



チャレンジ精神を育むシンガポールツアーのご案内はこちらです。






このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)