シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

2013年夏ツアー⑫ 高校生の授業の様子 2 描写の英作文

息子たちの英語力を伸ばしてくれたこの英語塾は見学を認めていません。

今回、初めてゆっくり授業を見学して、先生の指導力の高さに驚きました。

5分単位できびきびと授業が進んでいきます。

私が見学したのはディスクリプティブライティング(描写の英作文)の授業でした。

この日のテーマは、日本の季節を描写する、というテーマでした。

生徒がいいたいことを先生はすばやく理解して、

面白いジェスチャーとともに正しい表現を教えます。


5分後、黒板には


flowers bloom (花が咲く)

plants sprout (植物の芽が出る)

give out fragrance (香りを発する)

caterpillars crawl (青虫が這う)

Birds chirp/ twitter (鳥がさえずる)

などの新しい表現が次々と書かれていました。

単語だけで覚えようとすると難しいかもしれません。

英検準1級から1級レベルの単語です。

でも、シンガポールでは小学生レベル、日本の高校生が表現したいと思うレベルの表現です。

イメージしながら単語を覚えていけば語彙も表現力もぐんぐん伸びます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メールでフォロー (更新をお伝えします)