シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

2013年夏ツアー⑤ 水曜日 授業、アジア文明博物館、マーライオン公園、シーフードレストラン

水曜日


朝食は7時から。




昨晩、到着した剣道部4人組も元気です。


野菜をしっかり食べているね


こちらはもちろん元気いっぱい


8時半 昨晩到着した剣道部は早速レベルチェックテストです。

1時間後、みんなは憔悴して出てきました。「劇難(げきむず)」

採点していた先生。

ひとレベル上の試験を間違えてさせてしまったことに気がつきました。

「みんな背が高いから間違えた」のだそうです。

めでたくほかの日本人と同じクラスへ (授業の内容は後日)


16時 放課後すぐにMRT(地下鉄)にのって、Raffles Placeへ

今日はアジア文明博物館に行きます。

このツアーの目的の柱は4つ。 

英語 (日本では受けられない授業を受ける)、

文化 (多民族国家で異文化を学ぶ)

歴史 (日本の統治下にあったシンガポールの歴史を学ぶ)

教育 (学生の勉強量と内容をみて刺激を受ける)

アジア文明博物館では、さまざまな宗教文化を学びます。



ここが、アジア文明博物館


ボランティアガイドは私の友達

本当に上手なガイドです。



みんな惹きこまれて真剣に話を聞いています。


姿勢がいい

さて、まずはヒンドゥー今日の神様 誰でしょう?


お釈迦様が悟りを開くまでの物語。覚えていますか?


東南アジアの仏像 7つの頭を持つ蛇の名前は?

とぐろで何をしているのでしょう?


この仏像はいつごろのものでしたか?



次は中国ゾーン


これは三国志の関羽 仁義にあついところから尊敬されているそうです。


道教における航海の守り神 名前は?




1時間のツアー、たくさんのことを学びました。


橋を渡るとそこは


マーライオン


当然、こんな写真を撮ります。


 この子達は、私のお友達の息子たち

私はこの写真が好き





シンガポール時代の大切なお友達と。

素敵なガイドをありがとうございました。



お食事はマーライオンから徒歩1分

ワンフラトンのパームビーチレストラン

テラスを予約すると、こんな素敵な景色を見ながら


 こんなチリクラブと


こんなクリーミークラブが食べられます。  

高校生には贅沢ですが、スケジュールがタイトなので、ここにしました。


こんな巨大なカニ!一皿1万円近くします。 



パパがイギリス人のせいか、すぐにカニをとりわけ始めてくれる小学生

見習おう、高校生男子!


そんな矢先 8時になり


光のショー、ワンダーフルが始まりました。

みんな見とれてカニどころじゃない。



とてもきれい



ショーが終わったところで、カニを食べます。


 チリクラブは万頭(揚げ饅頭)につけながら


クリーミークラブはクリームをご飯にかけてドリアにしながら

ごちそうさまでした。

ツアー参加者の高校生10人




 大人も一緒に

MRTに乗って帰ります。



ホテルに着いたら英語の宿題と明日の予習。

添乗員は教師に早変わり

みんなよく勉強します。



この二人は12時近くまで勉強していました。

学校の宿題が終わらないと、週末は遊びに行かずにホテルで勉強

といったのが効いたようですが、効きすぎ?





このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)